スタッフブログ

HOME > スタッフブログ

2019-03-19

店舗のタイル工事

 

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

2月は店舗のタイル工事が3件あり、夜間工事が続きました。

今回は山梨周辺ではなく、横浜と錦糸町の店舗タイル工事でした。

 

 

 

 

店舗工事は工期に余裕が無いので大変ですね。

いつもより急ピッチで工事を行いました。

 

合同会社ヒラシマでは、お客様の住宅や建物だけではなく店舗様の工事も承っております。

お客様のご要望やご相談に応じて材料や素材等を使い分けての施工を行っておりますので

御用の際はお気軽にご相談下さい!

2019-03-12

蔵の改修工事を行いました

 

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

先日、使わなくなった蔵を倉庫として使えるように改修工事を行いました。

 

 

 

 

まずは土間をコンクリートで仕上げました。

土間コンクリートは水に強く、汚れてもブラシを使って水で流しながらの掃除もできます。

 

 

 

壁は古い荒壁の上に、石膏で仕上げを行いました。

石膏は耐火性と吸湿性に優れていますので、蔵や倉庫内の仕上げ素材に向いている素材になります。

これで完全に乾いたら完成となります。お客様にもご満足頂けたようで嬉しいです。

 

合同会社ヒラシマではお客様のご要望やご相談に応じて材料や素材等を使い分けております。

住宅だけではなく、倉庫や蔵の改修工事も承っておりますので

御用の際はお気軽にご相談ください!

2019-02-26

別荘のキッチンと洗面所のリフォーム工事を行いました

 

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

先日山梨県で別荘のキッチン・洗面所のリフォーム工事を行ってきました。

 

キッチン モラート仕上げ 左官工事

 

洗面所 モラート仕上げ 左官工事

 

こちらのキッチン周りと洗面所のカウンターを

デザインコンクリートのモラートで仕上げさせて頂きました。

 

このモラートという仕上げ材は、耐熱・耐摩耗・表面硬度に優れています。

熱に強いだけでなく、防水性にも優れた内装材なので

お家の中のキッチンや洗面所などにとても適した素材です。

 

キッチン モラート仕上げ 左官工事

 

洗面所 モラート仕上げ 左官工事

 

仕上がりは光沢がないマットな薄塗り仕上げになります。

色も種類が多く、シンプルな素材感を大切にできるデザイン性の高い仕上げ材です。

既製品には無い一品物の良さがある仕上げだと思います。

お客様にもご満足頂けたようでとても嬉しいです!

 

合同会社ヒラシマではお客様のご要望やご相談に応じ、用途によって材料を変えることで

お客様に心からご満足頂ける施工工事を実現いたします。

御用の際はお気軽にお問合せ下さい!

2019-02-19

小学校の改修工事を行いました

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

先日小学校の改修工事で床レベラーの打設を行いました。

床部分をレベラーで平らにしていきます。

 

 

流した後は、コテやトンボで均して調整します。

完全に固まるのを待って完了です。

 

 

 

今回は仕上げに長尺シートを使いました。

長尺シートとは、プラスチック製のシートのことで

摩擦に強く、人がたくさん歩く場所(店舗や学校など)に適した床材です。

水にも強く、水が滲み込まないので床が汚れにくいという特徴があります。

 

合同会社ヒラシマではお客様のご要望やご相談に応じて材料や素材等を使い分けております。

住宅だけではなく、店舗や学校などの改修工事も承っておりますので

御用の際はお気軽にご相談ください!

2019-01-29

2019年最初の工事は

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

2019年、年明け最初の工事は暖炉のレンガ積み工事でした。

 

 

 

こちらの工事を行ったお宅は北杜市にあり、北杜市は山梨県のなかでも

1・2を争う程寒く、雪も多い地域です。

ですので室内工事でも暖房を入れないと、モルタルが凍ってしまう

場合もありますので今回の工事も暖房を入れて工事を行いました。

 

レンガもしっかり積めたので、これから1番寒い季節も

暖炉で暖かく過ごして頂きたいです!

 

合同会社ヒラシマでは、漆喰工事や塗り替えだけではなく

レンガ積みや床の洗い出しといった工事も行っております。

お客様のご要望に沿った工事を心掛けておりますので、御用の際はお気軽にご相談下さい!

2019-01-08

対物保険工事を行いました

 

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

皆様新年あけましておめでとうございます。

本年も合同会社ヒラシマを宜しくお願い致します。

 

先日、山梨県で対物保険を使っての工事を行ってきました。

このお宅は事故で車が突っ込んでしまい、外壁の腰壁部分が崩れてしまったとのことで

腰壁部分はモルタル仕上げ、腰上は漆喰仕上げで修理工事を行いました。

 

 

 

事故によって崩れた箇所が綺麗に元通りになりました。

 

こんな事故によって起こってしまった早急に対応したい修理工事も

合同会社ヒラシマにお任せください!

心を込めて迅速に対応させて頂きます。御用の際はお気軽にご相談下さい!

2018-12-11

モラートを使った浴室左官仕上げ

 

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

先日、11月から着工していた現場が施工完了しました。

 

外壁を漆喰で仕上げたのち、浴室の施工に入ったのですが、

まずは浴室の防水工事をリボール防水で行いました。

リボール防水は水性塗膜防水で、地球・環境・人に優しい防水材です。

 

山梨県 浴室防水工事 リボール防水工事

 

浴室は防水工事を行ったのち、フッコーの新しい材料「モラート」で

最近流行りの浴室左官仕上げを行いました。

 

浴室左官工事 モラート仕上げ

 

モラートは耐熱・耐酸・耐摩耗・表面硬度に優れて柔軟で弾性があります。

また、優れた防水性を誇っているので洗面台やシャワーブースなど水周りにも対応しており、

空間に意匠の幅が広がる優れた材料です。

 

浴室だけではなく、内部の床もモラートで仕上げました。

 

山梨県 左官工事 モラート仕上げ 山梨県 左官工事 モラート仕上げ

 

内壁は外壁と同様、漆喰で仕上げ工事を行い、完成です。

 

山梨県 内装 漆喰仕上げ

 

ご依頼頂いたお客様にもご満足頂けて私達も嬉しいです。

 

合同会社ヒラシマではお客様のご要望やご相談に応じ、用途によって材料を変えることで

お客様に心からご満足頂ける施工工事を実現いたします。

御用の際はお気軽にお問合せ下さい!

2018-11-20

生モルリキッドで床レベラーの打設

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

先週外壁の漆喰を仕上げた現場で内部の床レベラーの打設をしました。

日本化成の生モルリキッドを使用したのですが、

今回はメーカーの日本化成さんも立ち会って頂き、試験データを元に配合した生モルタルで施工しました。

 

 

 

メーカーさんとも確認して山梨でも施工方法さえ間違わなければ

「生モルリキッド」を使ってこの先も施工して問題ないだろうとの事でした。

 

メーカーさんのお墨付きも頂いたので一安心です!

 

 

生モルリキッドは材料に水を入れて混ぜることでモルタルがレベラーのように流動性が高くなるので

自然に平らになってくれるので、普通のモルタルでは難しい平で精度の高い床を作れるので大変便利な材料です。

 

 

 

この後はコテなどで均し、固まるのを待って工事は完了です!

 

合同会社ヒラシマではお客様のご要望やご相談に応じて材料や素材等を使い分けております。

お客様のご要望に沿った工事を心掛けておりますので、御用の際はお気軽にご相談下さい!

 

2018-10-30

外壁の本漆喰仕上げを行いました

 

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

前回のブログでご紹介した、作った外壁用の本漆喰を使用して仕上げ工事を行いました。

 

 

 

岡山・和歌山・長野・東京から仲間達に来てもらって皆で一気に仕上げました。

全国から集まってくれたので色々な話をしつつ、しっかりと手を動かして作業を進めます。

 

 

 

大きな住宅だったので時間が掛かるかな、と思いましたがやはり職人が揃うと作業が早いですね。

気心の知れた仲間達なのでチームワーク良く仕上げることが出来ました!

 

 

 

合同会社ヒラシマではお客様のご要望やご相談に応じて用途によって材料を変えることで

「自慢の我が家」「お客様にも自慢したくなるような店舗」を実現できるような施工をいたします。

塗り壁リフォームや本漆喰を使ったリフォームをお考えの際は是非合同会社ヒラシマまでお気軽にご相談下さい!

2018-10-09

外壁に使う本漆喰作りを行いました

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

最近天気が安定せず、雨が多いので外仕事ができない日が多いです。

ですが雨は雨で施工できる箇所を修繕したり、この間は外壁用の本漆喰作りを行いました。

漆喰は空気に触れなければ固まらないので、定期的に作っています。

 

まずは最初にツノマタを煮て海藻糊を作ります。

そこに麻スサの繊維をほぐして煮出した糊に加えて混ぜます。

 

 

 

混ざったこれらに消石灰を加えて練っていきます。

 

 

 

練り終わると皆様も一度は目にしたことがあるかもしれない漆喰の姿になります。

 

実は本漆喰と呼んでいいものは、ツノマタと呼ばれる海藻糊を煮て糊を作り、それに麻スサと消石灰を混ぜたものだけです。

現在幅広く使われている漆喰は、メーカーで配合した水を入れて混ぜるだけの既調合の漆喰が殆どです。

それには化学糊が使われていたり、糊・スサ・消石灰以外の物が混ざっていたりして昔から使われて来た本漆喰とは違う物だったりします。

 

合同会社ヒラシマでは昔ながらの本漆喰を練って作り使用しています。

お客様のご要望やご相談に応じて材料や素材等を使い分けての施工を行っておりますので

御用の際はお気軽にご相談下さい!

 

Page Top