スタッフブログ

HOME > スタッフブログ

2020-10-02

浴室をモラート仕上げで改修工事を行いました

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

先日、浴室改修工事のモラート仕上げで行いました。

 

こちらが施工前です。

 

床と壁の防水層はリボール防水でタイルの上から施工しております。

 

 
 
リボール防水はオール水性で臭いも無く、湾曲で柔軟に動きを付けることのできる防水材です。
既存のタイルの上にも施工出来るのでゴミを少なくできます。

 

 

これで完成です!

モラートは耐熱・耐酸・耐摩耗・表面硬度に優れて柔軟で弾性があるセメントモルタルです。
また、優れた防水性を誇っているのでこういった浴室内にも対応しており、
空間に意匠の幅が広がる優れた材料です。

合同会社ヒラシマではお客様のご要望やご相談に応じ、用途によって材料を変えることで
お客様に心からご満足頂ける施工工事を実現いたします。
御用の際はお気軽にお問合せ下さい!

2020-09-25

外壁ジョリパット仕上げと玄関タイル仕上げ

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

先日、山梨で外壁のジョリパット仕上げと玄関タイル仕上げを行いました。

ジョリパット施工店会に山梨では弊社だけが加盟しているのでお問い合わせをよくいただきます。

 

 

 

ジョリパットは、色褪せしにくく耐候性に優れており、ヒビ割れしにくい特長を持っています。

また、カラーやパターンの種類も豊富で環境にも人体にも優しく、汚れても自分で洗浄することができるので、お手入れも簡単です。

ただ、注意していただきたいことは、高圧洗浄をしてしまうとパターンが崩れてしまう可能性があることと、

ジョリパットで思い通りのデザインにするためには、しっかりした職人の技術が必要となることです。

 

玄関タイルの仕上げもしっかり行いました。

 

お客様にもよろこんでいただき、こちらも嬉しいです。

 

山梨でのジョリパット施工は合同会社ヒラシマにお任せください。

お客様のご要望に沿った工事を心掛けておりますので、御用の際はお気軽にご相談下さい!

2020-07-31

大津壁と黒漆喰の試し塗り

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

今年は例年に無い、梅雨の長雨ですね。

我々、職人にとっては泣くに泣けない毎日です。
かと言って、ため息ばかりついているワケにはいかないので、
みんなで試し塗りをすることにしました。

今回にお題は、赤土の大津磨きと黒漆喰磨きです。

大津壁 黒漆喰 大津壁 黒漆喰

大津壁 黒漆喰 大津壁 黒漆喰

⇒大津壁の御紹介はこちら

⇒黒漆喰の御紹介はこちら

どちらも左官仕事の中では、最上級の仕上げのひとつです。

大津壁 黒漆喰 大津壁 黒漆喰

中々、機会の少ない施工法ではありますが

いつ何時、お客さまから御要望があるか分かりませんから、普段から腕を磨いています。

「大津磨き」や「黒漆喰磨き」にご興味を持たれた方は、是非お気軽にお声がけください。

⇒無料の御相談・お見積もりはこちら

2020-07-13

モルタルアートによる店舗改修

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

山梨県 店舗改修 モルタルアート

先日、店舗の改修工事を行いました。

「外から、店舗の中が見えすぎる…」というお悩みからの依頼でした。

ですので、前回もご紹介した。
モルタルアートのご紹介

アイカ工業から発売されている”モルタルアート”にて、見えすぎる問題の窓ガラス部分を目隠ししていきます。

山梨県 店舗改修 モルタルアート

山梨県 店舗改修 モルタルアート

山梨県 店舗改修 モルタルアート

結果的に全て、ガラスだけの時よりもモルタルアートの風合いが出ることで素敵な店舗の演出に一役買えたと思います。

山梨県 店舗改修 モルタルアート 山梨県 店舗改修 モルタルアート

山梨県 店舗改修 モルタルアート

モルタルアートの施工ができる施工店はまだまだ希少なので、ご興味を持たれた方は是非、お気軽にお声がけください。

アイカ工業の公式ページはこちらから(^^)
アイカ工業 ”モルタルアート”

2020-06-29

玄関ポーチのタイル工事

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

先日、玄関ポーチのタイル工事の施工を行いました。

 

 

 

大判タイルなので、タイル面の凸凹を無くし水平にするため、クリップ工法で作業しました。

 

 

 

このクリップ工法というものは、通常の圧着工法に比べて工期の短縮ができて

大地の傾斜を拾わずに水平に仕上げることができます。

また、目違いがなく綺麗に仕上がります。

 

山梨県 玄関ポーチタイル工事

お客様にもご満足していただけました。

 

合同会社ヒラシマではお客様のご要望やご相談に応じて材料や工法等を使い分けております。

お客様のご要望に沿った工事を心掛けておりますので、御用の際はお気軽にご相談下さい!

2020-05-29

江戸の粋(いき)、左官の粋(すい)

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

昨年末に土中塗までしていた現場を黒漆喰で仕上げました。

山梨県 黒漆喰 山梨県 黒漆喰

以前、材料の仕込みのブログでもご紹介した黒漆喰です。
大津壁、黒漆喰のブログ

今は殆ど施行されませんが黒漆喰は江戸時代に黒が粋な色として流行しました。

山梨県 黒漆喰 山梨県 黒漆喰

通常の白い漆喰では気にならないようなムラが、黒という色だからこそ、
非常に目立つのが黒漆喰の厄介なところ、
だからこそ黒漆喰磨き仕上げは

左官仕事の最上級、究極の仕上げです。

最高の仕上げでは顔が写るくらいまでピカピカに仕上げる磨き仕上げもありますが、
今回は半艶程で仕上げてあります。
(仕上げ用の鏝はひとつ数万円を軽く超えるものです。)

山梨県 黒漆喰 山梨県 黒漆喰

この様な伝統的な仕上げが日本文化の継承の為にも残っていって欲しいと思いまし、
その継承の系譜に自分自身が連らなることを誇りに想い、日々腕を磨いています。

山梨県 黒漆喰

今回、ご紹介した黒漆喰に関わらず左官仕上げの壁をご興味を待たれた方、実際に塗り壁をご検討の方は、

お問い合わせはこちら

御相談・お問い合わせからお気軽にお声がけください。

2020-05-22

モルタルアートのご紹介

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

先日、店舗工事を行いました。
アイカ工業の「モルタルアート」でカウンターを施工しました。

モルタルアートはジョリパット施工店会限定の材料なので、
今のところ山梨県で施工できるのは弊社だけです。

同等の材料では、モールテックスなどが人気ですね。
しかし、水に濡れると白華(表面に白いものが浮き出る)が起きてしまいます。
モルタルアートは白華が起きず色が変わらないのが特徴です。

山梨県でモルタルアート施工をお考えの方は
ご相談だけでもお声がけ下さい。

お問い合わせはこちら

2020-05-15

ウイルス対策としての漆喰壁

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

先日、住宅の内外壁の工事を行いました。
コテなどを使い、漆喰で模様を付けていくパターン仕上げです。

作業事例写真はこちら

消石灰を原料にする漆喰には調湿や消臭など様々な効果がありますが、
その中でも、新型コロナの影響が高まった現在では、殺菌・抗菌作用に注目しています。

漆喰の抗ウイルス効果が実験により証明されている事はご存知でしょうか?
そのため、漆喰壁の利点としてインフルエンザなどのウイルス対策が挙げられていました。

残念ながら、現段階では漆喰と新型コロナウイルスの実験に関する記事は見つかりませんでした。
しかし化学的な観点から、理論上では新型コロナにも同じように有効なのではないかと言われています。

古くから数多くの効果が立証されてきた漆喰ですが、これからますます注目されていく材料だと思います。

未だ新型コロナウイルスの猛威が続く状況ですが、
皆さま十分にご自愛下さいませ。

2020-05-08

完成!

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

先日のブログでご紹介した、古民家の改修工事が晴れて完了しました。

古民家の破風、補修工事をしています!

土と漆喰を使い昔からの方法で修理をしました。

山梨 古民家 修理 

山梨 古民家 修理 山梨 古民家 修理

漆喰の壁は古来より、その高い防火性を評価されて
何かと火を使う昔の生活の中で、大切な財産を守る商家の蔵や、
高い身分の武家の壁として使われてきました。

今回のお宅も、これからも末永く
住む方々の生活を守る存在として、建ち続けて欲しいと願います。

昨今は住宅の過密問題から、屋根の軒の出っ張りがどんどん小さくコンパクトな
お宅が増えていますよね…。
本来、軒が出ることで雨風から大切な外壁を守れる、という現実もあったりします。

今回の古民家はその点、昔ながらのしっかりとした立派な破風と軒を持っていますから、
安心です。

雨風に耐えられる様に直したので長持ちしてくれると思います。

山梨 古民家 修理 山梨 古民家 修理

山梨 古民家 修理

後は足場をバラして完了です。

山梨 古民家 修理

合同会社ヒラシマでは、山梨県を中心に
新築の塗り壁から、今回のような古民家の再生工事まで、幅広く対応しています。

お問い合わせはこちら

ご相談からお気軽にお声がけください!

2020-04-22

床の間の総仕上げ

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

今年のお正月に施工した古民家に、
暖かくなってきたので最後の仕上げとして

施工事例/床の間 並大津仕上げ

床の間の総仕上げをしてきました。


※施工前


※施工後

淡路島の浅葱土を使って、並大津仕上げとしました。

並大津仕上げとは、以前のブログにも紹介しましたが、

大津壁の仕上げ施工をしました

色彩の豊かな土を使用して、石灰などを混ぜ合わせた材料を、鏝で押さえていく仕上げ工法のことです。
また光沢の出すぎない仕上がりになるため、見る方に対して上品な印象を与える壁となります。

浅葱(あさぎ)土は、兵庫県淡路島が産地の色土です。
浅葱とはごく薄い藍色をさす色で、新選組が有名な羽織の色として使用したことでも知られます。

淡路島が産地で有名な独特の色合いを持つ浅葱土…
特に青が濃い地層から採取した貴重な粘土を使用します。

簡単なように見えますが、大津壁のポイントは均一な平面を鏝で作りだすことです。

 

床の間が仕上がったので、この古民家の施工もやっと完成です♪

 

お客さまにも仕上がりを喜んでいただけました。

新型コロナの自粛モードの中、なかなか明るい雰囲気にもなりづらいですが、
お客様から、こういった嬉しい言葉をいただけると励みになるものです。

大津壁はその材料となる土の色や磨き上げの度合によってグレードも分かれ、
多種多様な仕上がりを見せる施工法です。

ご相談・お問い合わせはこちらから

今回のような、大津壁での床の間や、珪藻土・漆喰での
塗り壁にご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、
ご相談からお気軽にお声がけください。

Page Top