スタッフブログ

HOME > スタッフブログ

2020-11-20

ドイツの外壁材STO(シュトー)の講習を受けてきました!

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

先日、ドイツの外壁材であるSTO(シュトー)の講習を受けて来ました。

STO(シュトー)は水性のアクリル樹脂が入ったドイツの漆喰で、耐候性が高く透湿性があります。
また、壁表面が超撥水性になるので雨水などによって埃や汚れを取り込みながら落ちる
自己洗浄能力もある頼もしい漆喰です。

 

 
 

前から施工はしていましたが今回、正規施工店になった事で保証を付ける事も可能になりました!
気になる方はお気軽にお問い合わせくださいね。

 

講習には偶然、関西からも仲間が来ており思いがけず楽しい講習会となりました。

 

合同会社ヒラシマではお客様のご要望やご相談に応じ、用途によって材料を変えることで
お客様に心からご満足頂ける施工工事を実現いたします。
御用の際はお気軽にお問合せ下さい!

2020-11-13

木摺下地に下塗用の漆喰を塗りました

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

先日、木摺下地に下塗用の漆喰を塗る施工を行ってきました。

この工法は明治時代に海外から入ってきた工法で疑洋風建築などで多く使われています。

疑洋風建築とは、幕末から明治頃に日本の各地で建てられていた
日本人の大工や宮大工、左官職人らが、西洋人の建築家が設計した建物を参考にして
見よう見まねで建てた西洋風の建築物のことを言います。

 

 

元は海外の工法なので、アニメ「トムとジェリー」なんかでも
壁の裏側のシーンや壊れた壁などでも実は描かれていたりします。

詳しく工法が分からない時代に自分達で考えて
海外の建築の真似をした昔の職人さんの知識と技術の高さに感心すると同時に
こういった技術が今の世に受け継がれていることにも感動します。

 

合同会社ヒラシマではお客様のご要望やご相談に応じ、材料だけでなく工法を変えることで
お客様に心からご満足頂ける施工工事を実現いたします。
御用の際はお気軽にお問合せ下さい!

2020-11-06

京都まで鏝(コテ)を買いに…

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

先日、京都まで鏝(コテ)を買いに行って来ました。

土や漆喰は地金鏝という種類の鏝を使って塗る事が多いのですが、

普段使う人が少ないため、近年作れる鍛冶屋さんが殆どいなくなってしまいました。

 

今回買ってきた鏝も84歳の鍛冶屋さんが作られたものです。

 

 

その方も、「もう地金鏝は作らない」との事なので

これからの左官職人はどうしたら良いのかと悩んでしまいます…。

鏝が無ければ伝統的な仕事もできません😭

 

新しい物が増えていって便利な世の中ですが、伝統的な物が減っていってしまうのは

とても寂しく感じますし、困ってしまいますね。

それは左官業界だけでなくどんな職種・業界でもいるのかもしれないと感じました。

 

今回買ってきた地金鏝を大切に大切に使用していきます。

 

合同会社ヒラシマではお客様のご要望やご相談に応じ、用途によって

こだわりの材料、道具でお客様に心からご満足頂ける施工工事を実現いたします。

御用の際はお気軽にお問合せ下さい!

2020-10-30

身延町 お寺で洗い出し仕上げを行いました

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

先日、山梨で身延町のお寺で洗い出し仕上げを行いました。

 

 

この50年程前に施工された洗い出しをなかなか直せる人が見つからなかったらしく、

巡り巡って弊社へ依頼がきました。ありがたい限りです。

 

現場調査に伺ったところ、洗い出しの一部が壊れていたので

その部分の洗い出し復元工事を行うことになりました。

 

こちらが施工前です。洗い出しの一部分が割れてしまっています。

まずは割れているところの補修作業から始めました。

 

 

 
 
細かな箇所まで丁寧に作業を続けていきます。

丁寧に塗りつけを行い、十分に乾燥させてからタイミングを計って表面を洗う作業に移ります。

 
 

 

洗い出し工事はこのタイミングが重要です。

早すぎてもまだ表面が柔らかく、残ってほしい箇所まで洗い流されてしまったり

洗い出しのタイミングが遅すぎても、セメントが固まってしまい、洗い出せなくなってしまうため、

このタイミングを見誤らないよう、見極めることが大切です。

 

 

  

 

これで完成です!

元が非常に上手に綺麗に仕上がっていたので、負けない様に仕上げるのは大変でしたが

ご依頼いただいたお客様にご満足していただけたのでこちらも嬉しかったです。

また、撮影も入り楽しく作業させていただきました。

 

合同会社ヒラシマではお客様のご要望やご相談に応じ、用途によって材料を変えることで

お客様に心からご満足頂ける施工工事を実現いたします。

御用の際はお気軽にお問合せ下さい!

2020-10-23

外壁の漆喰仕上げ工事が完了しました

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

先日こちらのブログでご紹介しました、土で外壁の中塗り作業が十分に乾燥したので

今回は漆喰仕上げ工事を行いました。

 

 

今回は今までの配合を変えて仕上げました。

だいぶ改良され良い感じの仕上がりになりました。

 

 

 

 

左官仕事は材料の配合など、新しいアイデアと工夫することで

今回のように進歩できることが凄く嬉しいし、楽しいです。

 

 

 

外壁の漆喰仕上げがこれで完成です!

合同会社ヒラシマではお客様のご要望やご相談に応じ、用途によって材料を変えることで
お客様に心からご満足頂ける施工工事を実現いたします。
御用の際はお気軽にお問合せ下さい!

2020-10-16

別荘の内壁を漆喰パターン仕上げで施工しました

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

先日、別荘の内壁リフォームをしたいとのご依頼をいただき、施工を行ってきました。

 

 

元々、内壁がジョリパットだったところを

漆喰のパターンで仕上げで塗り替えさせていただきました。

 

 

 

 

 

パターン仕上げは、職人が鏝を使って仕上げていくので、同じ仕上げはなく

クロスとはまた違ったオリジナルの仕上がり感が出ます。

お客様にも喜んでいただけました。

 

また、最近新型コロナウイルスに対して漆喰の有効性が確認されました。

 

“関西ペイントは5日、自社の漆喰塗料に新型コロナウイルスの感染力がなくなる

不活化効果が認められたと発表した。長崎大と共同で行った試験で確認した。

関西ペイントの開発した漆喰に新型コロナウイルスを含んだ液体を触れさせたところ、

約5分で99.9%以上が不活化した。”

 

これから生活していただく上でも、今回のリフォームで安心して貰えたと思います。

 

 

合同会社ヒラシマではお客様のご要望やご相談に応じ、用途によって材料を変えることで
お客様に心からご満足頂ける施工工事を実現いたします。

御用の際はお気軽にお問合せ下さい!

2020-10-09

外壁漆喰仕上げの中塗り工事を行いました

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

先日山梨で、土で外壁の中塗り作業を行いました。

 

 

 

 

今回の中塗り工事に使用した土は、淡路島の土です。

瓦の産地でもある淡路島には良質な粘土がたくさんあります。

そんな粘土を粉砕乾燥させた粉土に、砂と藁すさを混ぜて中塗りの土を作っています。

 

また、下地材としてモルタルラミテクトを使用しています。

この下地材は湿気は通し、水滴は通さない微細な穴が無数に空いているので、

高い透湿性を発揮し、住まいの結露を抑え、外部からの水の浸入を防いでくれます。

 

これで中塗りが完了です!

十分に乾かしてから漆喰仕上げをする予定です。

乾くまで大体1週間くらいですね。

 

またブログで、漆喰仕上げ工事の様子をご紹介します!

2020-10-02

浴室をモラート仕上げで改修工事を行いました

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

先日、浴室改修工事のモラート仕上げで行いました。

 

こちらが施工前です。

 

床と壁の防水層はリボール防水でタイルの上から施工しております。

 

 
 
リボール防水はオール水性で臭いも無く、湾曲で柔軟に動きを付けることのできる防水材です。
既存のタイルの上にも施工出来るのでゴミを少なくできます。

 

 

これで完成です!

モラートは耐熱・耐酸・耐摩耗・表面硬度に優れて柔軟で弾性があるセメントモルタルです。
また、優れた防水性を誇っているのでこういった浴室内にも対応しており、
空間に意匠の幅が広がる優れた材料です。

合同会社ヒラシマではお客様のご要望やご相談に応じ、用途によって材料を変えることで
お客様に心からご満足頂ける施工工事を実現いたします。
御用の際はお気軽にお問合せ下さい!

2020-09-25

外壁ジョリパット仕上げと玄関タイル仕上げ

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

 

先日、山梨で外壁のジョリパット仕上げと玄関タイル仕上げを行いました。

ジョリパット施工店会に山梨では弊社だけが加盟しているのでお問い合わせをよくいただきます。

 

 

 

ジョリパットは、色褪せしにくく耐候性に優れており、ヒビ割れしにくい特長を持っています。

また、カラーやパターンの種類も豊富で環境にも人体にも優しく、汚れても自分で洗浄することができるので、お手入れも簡単です。

ただ、注意していただきたいことは、高圧洗浄をしてしまうとパターンが崩れてしまう可能性があることと、

ジョリパットで思い通りのデザインにするためには、しっかりした職人の技術が必要となることです。

 

玄関タイルの仕上げもしっかり行いました。

 

お客様にもよろこんでいただき、こちらも嬉しいです。

 

山梨でのジョリパット施工は合同会社ヒラシマにお任せください。

お客様のご要望に沿った工事を心掛けておりますので、御用の際はお気軽にご相談下さい!

2020-07-31

大津壁と黒漆喰の試し塗り

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

今年は例年に無い、梅雨の長雨ですね。

我々、職人にとっては泣くに泣けない毎日です。
かと言って、ため息ばかりついているワケにはいかないので、
みんなで試し塗りをすることにしました。

今回にお題は、赤土の大津磨きと黒漆喰磨きです。

大津壁 黒漆喰 大津壁 黒漆喰

大津壁 黒漆喰 大津壁 黒漆喰

⇒大津壁の御紹介はこちら

⇒黒漆喰の御紹介はこちら

どちらも左官仕事の中では、最上級の仕上げのひとつです。

大津壁 黒漆喰 大津壁 黒漆喰

中々、機会の少ない施工法ではありますが

いつ何時、お客さまから御要望があるか分かりませんから、普段から腕を磨いています。

「大津磨き」や「黒漆喰磨き」にご興味を持たれた方は、是非お気軽にお声がけください。

⇒無料の御相談・お見積もりはこちら

Page Top