スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > ビニールクロスから、珪藻土の塗り替え工事をしました

2020-04-01

ビニールクロスから、珪藻土の塗り替え工事をしました

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

先日、ビニールクロスの部屋を珪藻土で塗り替えました。

施工前

施工後

「そんなこと可能なの!?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、
壁紙(ビニールクロス)の状態さえそれに耐えうるものでしたら、問題なく出来る施工です。

近年まで、ほとんどの新築住宅の内装は、このビニールクロスで施工されていました
(このブログをご覧の皆様の御自宅・お住まいもほぼ9割ビニールクロスなのではないでしょうか?)

安価かつ施工も比較的簡単とあって1960年代から爆発的に普及したのがビニールクロスです。

しかし塩素や石油などの化学物質によって構成されるため、近年では廃棄・焼却時における環境への被害も指摘されています。

上記のような環境意識の高まりから、最近では健康を考慮されて、ビニールクロスから
珪藻土など、天然素材を使用した塗り壁への切り替えをご相談される方も少なくありません。

「珪藻土」は名前の中にもある通り、大昔の海に居た藻類が長い長い時間をかけて化石になったもの。

だからもちろん天然由来なので自然に優しい材料なんです!
その特徴は高い調湿効果と対火性など。(この特徴のため、最近ではバスマットなどにも利用されています。)

さて、今回の施工では
もともと貼ってあったビニールクロスの壁紙の上から、珪藻土にて塗り壁の工事を施しました。

  

既存のクロスを剥がさないので、クロスの廃棄が必要ありません。

 

ですから、環境にも優しい施工が出来たと思っています。

 

「子供が独立したから、そろそろリフォームしたい、そういえば塗り壁に憧れてたんだよなぁ…」

「居抜き物件のテナントで開業したい、内装を自然に優しくてお洒落な塗り壁にしたい…」

なんて方がいらっしゃいましたら、一度お気軽にご相談ください。

Page Top