スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 江戸の粋(いき)、左官の粋(すい)

2020-05-29

江戸の粋(いき)、左官の粋(すい)

こんにちは、合同会社ヒラシマです。

昨年末に土中塗までしていた現場を黒漆喰で仕上げました。

山梨県 黒漆喰 山梨県 黒漆喰

以前、材料の仕込みのブログでもご紹介した黒漆喰です。
大津壁、黒漆喰のブログ

今は殆ど施行されませんが黒漆喰は江戸時代に黒が粋な色として流行しました。

山梨県 黒漆喰 山梨県 黒漆喰

通常の白い漆喰では気にならないようなムラが、黒という色だからこそ、
非常に目立つのが黒漆喰の厄介なところ、
だからこそ黒漆喰磨き仕上げは

左官仕事の最上級、究極の仕上げです。

最高の仕上げでは顔が写るくらいまでピカピカに仕上げる磨き仕上げもありますが、
今回は半艶程で仕上げてあります。
(仕上げ用の鏝はひとつ数万円を軽く超えるものです。)

山梨県 黒漆喰 山梨県 黒漆喰

この様な伝統的な仕上げが日本文化の継承の為にも残っていって欲しいと思いまし、
その継承の系譜に自分自身が連らなることを誇りに想い、日々腕を磨いています。

山梨県 黒漆喰

今回、ご紹介した黒漆喰に関わらず左官仕上げの壁をご興味を待たれた方、実際に塗り壁をご検討の方は、

お問い合わせはこちら

御相談・お問い合わせからお気軽にお声がけください。

Page Top